弘前大学大学院医学研究科医科学専攻歯科口腔外科学講座         Department of Dentistry and Oral Surgery,         Hirosaki University Graduate School of Medicine

研究内容

研究指導方針

顎口腔領域に発生する種々の疾患の病態を形態学的、分子生物学的、理化学的手法を用いて基礎的・臨床的に解明し、その結果に基づいた新たな治療法の開発を目的とする。主な研究項目と方針を以下のように設定し指導している。

(1) 病的骨吸収の機序を解明するために、骨吸収と炎症あるいはメカニカルストレスとの関連性を中心とし、顎骨嚢胞や慢性歯周疾患における各種骨吸収因子(プロスタグランジン類、サイトカイン類、フリーラジカル)の関与を免疫組織学的、生化学的に検討する。

(2) 口腔悪性腫瘍の病態と治療に関連して、口腔癌患者の特異的、非特異的免疫能と予後との関連性、光線力学療法の腫瘍縮小効果、組織再建における血管柄付皮弁の血流と組織壊死防止等に関して検討する。

(3) 顎関節疾患の成因と治療に関連して、顎関節組織でのフリーラジカルによる障害とその防御機構を検討する。 

主な研究課題

1)顎骨嚢胞並びに骨吸収性病変の病態解析と治療法に関する研究

2)骨細胞の機能と骨吸収因子に関する分子生物学的研究

3)活性酸素・フリーラジカルによる生体組織の障害およびその防御機構

4)硬組織の理化学的分析と人工材料の開発、臨床応用に関する研究

5)悪性腫瘍細胞の増殖抑制因子と治療に関する研究

6)口腔癌の術後組織欠損の再建に関する臨床的研究

7)歯原性腫瘍の成因と治療法に関する研究

8)顎関節滑液分析による関節疾患の成因と治療法に関する研究

9)家兎顎関節滑膜細胞とケミカルメディエーターの相互作用に関する研究


科学研究費補助金採択状況


研究概要等

 顎口腔領域に発生する種々の疾患の病態を形態学的、分子生物学的手法を用いて基礎的・臨床的に解明し、新たな治療法の開発を目的とする。現在、主として病的骨吸収の機序を解明するために、骨吸収と炎症あるいはメカニカルストレスとの関連について顎骨嚢胞や慢性歯周疾患における各種骨吸収因子(サイトカイン、フリーラジカル等)の関与やシグナル伝達経路の関連遺伝子発現等に関して分子生物学的手法を用いて検討している。

特徴ある研究等

 RANK-RANKL系は破骨細胞の分化・活性化を制御する重要な役割をもつとされている。また、RANKLの生理的な抑制因子としてOPGが知られている。OPGRANKLに結合することで、その作用を不活性化する可溶性デコイレセプターとして機能する。当講座では、『メカニカルストレス』を応用することにより、骨芽細胞の核内・核外シグナル伝達系を活性化し骨吸収を抑制し、むしろ骨形成を促すという新たな知見を得た。また、当講座では臨床応用に備え、安価かつ容易なメカニカルストレス負荷方法として、振動刺激を用いた振動刺激式骨再生促進装置の開発に成功している。今後、骨の再生医療に『メカニカルストレス』を応用した新規治療法の開発が期待される。

当講座で開発した振動刺激式骨再生促進装置(DZ-03)