入学案内

大学院医学研究科アドミッションポリシー

概要

国際的な視野で研究活動を行うための研究能力および最新の医学に関する幅広い学識を養うことを目的とし,先端的研究を推進できる医学研究者および高度な専門性と厳格な倫理観を有する医療人を育成します。

求める学生像

  • 先端的な医学研究や生命科学研究を行う研究者を志す人
  • 高度な専門性と厳格な倫理観を有する医療人として社会に貢献したい人
  • 優れた医師や医療従事者を育成する医学教育者を志す人
  • 国際的な視野を持ち,世界を舞台に活躍したい人

入学前に身に付けておいてほしいこと

  • 外国語(英語)の基礎的読解力と作文能力
  • 研究を遂行するに必要な専門分野に関する基礎的知識・学力

入学者選抜の基本方針

学力検査(筆記試験・口頭試問)及び志願理由書の結果を総合して選抜します。
(成績証明書は,口頭試問の基礎資料として使用します。)
筆記試験においては研究者としての基礎学力を,口頭試問においては専門分野に対する医療人・研究者としての適性と向上心を基準に評価します。

大学院医学研究科カリキュラムポリシー

 大学院医学研究科は,国際認証に相応しい大学院教育に基づき,学位授与の方針に示した能力を持つ人材を育む教育課程を編成・実施し,成績評価基準に基づき厳格な評価を行います。


1.教育課程の編成・実施等

 共通科目は,最新医学の動向,生命科学倫理学,医学研究概論などの大学院教育における教養科目を開設することで医学研究を俯瞰する機会を提供し,さらに基礎技術実習科目を開設することで基礎研究技術を習得させる学習を実施します。
 専攻分野は,分子遺伝情報科学,脳神経科学,腫瘍制御科学,循環病態科学,機能再建・再生科学,総合医療・健康科学,感覚統合科学,病態制御科学,成育科学の9つの領域によって構成されており,それぞれの領域における教育研究分野の講義・演習・実習により専門的な知識と技術を身に付けます。博士論文作成に係る研究指導体制を整備した上で,国際的な視野で先端的研究を推進でき,高度な専門性と厳格な倫理観を修得させる体系的な教育課程を編成し,学習を実施します。


2.教育・学習方法

(1)専攻分野に関する卓越した専門的知識の修得および豊かな人間性と国際的な視野を育む授業
   科目を開設します。
(2)実験実習,演習,研究を通して,自ら課題を見出しその解決に向けて探究を進めることで問
   題解決能力を修得させます。
(3)研究成果の学会発表,論文作成などを通して,医学教育・研究活動の重要性を学ぶ上で必要
   な研究指導体制を整備した体系的な教育課程を編成します。
(4)学生並びに修了生による授業評価アンケートを基に,学生の主体的かつ自律的な学習を促す
   授業となるよう改善を行います。


3.学習成果の評価

(1)カリキュラム・ポリシーに沿って策定された各授業科目の到達目標の到達状況が確認できる
   成績評価基準を策定し,客観的に評価します。
(2)客観性及び厳格性を確保するため,学位審査会を公開で行って博士論文審査及び最終試験を
   適切に行います。

大学院医学研究科ディプロマポリシー

 医学研究科(博士課程)では,人材養成の観点に立った本研究科の教育目標に沿って,学位授与の方針(ディプロマポリシー)を定めて,以下に該当する者に対して,「博士(医学)」の学位を授与します。

 先端的研究を推進できる高度な研究能力を修得していること。
 最新の医学に関する幅広い知識を修得していること。
 豊かな人間性と国際的な視野をもって医療・教育・研究活動を行うことができる能力を修得していること。

PAGE TOP